見上げるたのしみ。

掛け時計を買いました。

プロダクトデザイナー、渡辺力さんの「八角の時計」です。

雑貨屋のレジに飾ってあって、可愛いので尋ねたら売り物ではないとのこと。気になりつつそれ以上は尋ねることもなく帰ったのですが、後日またネットでこの時計に出くわしたので、思わずぽちっとしました。

特に掛け時計が欲しい訳でもなかったのですが、コロナウイルスの影響で家にいる時間が長くなり、部屋に飾るちょっと「いいもの」を買ってみたくなったのかもしれません。

はあ。美しくて何度も見上げてしまいます。時間を確認するというよりも、今はただ時計のフォルムに見惚れているという状態。ウォールナットの立体的な八角フレーム。レトロな文字盤。ぽってりとして、それでいてスタイリッシュな針。はあ。褒め出したらきりがない。

私も自分のお仕事を通して、受け取った方にそんな気持ちになってもらえるのだろうか。うん、がんばろう。