alutodesign.com

こけし博2015

March 15, 2015

 

 今年も京都で開催されたイベント「コトコトこけし博2015」。

マヤルカ古書店さんと大阪の夜長堂さんが主催で、こけしをはじめとする日本のたのしい雑貨たちを紹介するイベントです。

 

毎年にぎやかなこのイベントの季節が来て、今年もありがたいことにフライヤーを制作させていただきました。日本の手仕事は、そこから滲む愛嬌がなんとも魅力的で、毎年フライヤーでは、その時代への敬意も込めて、手描きで作ることを大切にしています。センターにもいるのはオリジナルキャラクターコトコちゃん(任命してもらいました!)。

 

今年は、来場者の方にオリジナルタオルのお土産付き!

赤と紺の2色を、みなさまにお配りさせてもらいました。(うれしいね、コトコ)

 

 

イベントでは、こけしや雑貨の販売の他にも、こけし絵付け体験やワークショップ、こけし工人さんによるトークショー、曲芸、ちんどん屋さんのライブなど、イベントを盛り上げる企画がてんこもりです。

 

今年は、笑福亭右喬さんによる寄席も企画。笑いました〜。

私は落語はまだまだ初心者ですが、身ひとつと扇子や手ぬぐいの小道具だけで違う世界に連れていってくれるのは、本当に楽しいです。

また、お話のテーマでもあった「まめだ」は子狸の意味で、今回はそれにちなんで狸のイラストも描かせてもらいました。もともと狸が好きで、そのうえ動物占いも狸の自分にとっては、一層気持ちが入ります(のわりにはゆるいイラストですが)。そして当日は、そのイラストがフード出店のポーポー屋さんのお弁当に登場したり、trigo e canaさんのかわいすぎるアイシングクッキーになったりと、狸ともども嬉しい限り。ありがとうございました。

 

ポーポー屋さんのお弁当は、一緒にかつおぶしたっぷりのあったかいお味噌汁もついていてとても美味しかったです。 クッキーは食べるのがもったいないので、もうしばらく眺めます。

 

 

 

こけし博は、今年もとても楽しい二日間となりました。

日本の手仕事の文化には優しさと可愛さが溢れて、そこにちょっとの奇妙なスパイスもあって、触れるたびに新しい鮮烈な印象を与え続けてくれます。この時代のもつ魅力に、これからも私はずっと憧れ続けるのだろうと、あらためて思うイベントでした。

 

主催者のマヤルカさんと夜長堂さん、本当に今年もお疲れさまでした!

そして楽しい時間をありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

Please reload